『大野俊三アートパフォーマンス』 - hunterさんの日記

TOP  >  一期一会  >  hunter  >  音楽関連  >  『大野俊三アートパフォーマンス』

hunter さんの日記

 
2013
11月 10
(日)
23:50
『大野俊三アートパフォーマンス』
本文
岐阜市文化センターで催された「大野俊三アートパフォーマンス」に、“山ノ神"と、その友達と一緒に行ってきました。
大野さんが岐阜市出身者であることで、今回は岐阜市が主催。

1部 大野俊三 JAZZ LIVE
2部 地元合唱団とのコラボレーション
と言う構成のプログラム

司会の巧みなリードによって、俊三さんの人柄、その“音楽”に対する真摯な思いが伝わる素晴らしい催しでした。
先ほどまで、私の後ろに座って見えた細江岐阜市長が、まさにジャズメンのいでたちでテナーサックスを抱えて舞台へ・・・曲目は、今の季節にピッタリの“枯葉”
市長の音先行で始まった“枯葉”の曲、甘いテナーサックスの音色にびっくりでした。
何でも俊三さんが表敬訪問した際に提案をされたとか・・・・、行政のリーダー自らが、セッションに参加とはとても嬉しいことと思った。

また2部では地元の3つの合唱団がジャズセッションとコラボ!
特に、「ながら児童合唱団」の演奏は、演奏者はもちろん、聞き手にも楽しい演奏でした。

通う学校は違えど、吹奏楽部の繋がりから大野さんを高校時代から存じ上げて居り、
世界に飛び立った彼と、話す機会は殆ど無く、ネム・ジャズイン、そして愛知県体育館で
ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター、バスター・ウィリアムス等と共演された時に、
楽屋でお会いした以来で、とても懐かしく、終了後に、お会いさせて頂いた。

“音楽”をこよなく愛し、“音楽を通した親善大使”の様に、世界を駆ける俊三さん!

眩いばかり貴方は輝いていました!
とても嬉しかった!ありがとう!!!
閲覧(17741)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。