「音楽の聞こえる至福の空間」 - hunterさんの日記

TOP  >  一期一会  >  hunter  >  音楽関連  >  「音楽の聞こえる至福の空間」

hunter さんの日記

カテゴリー [音楽関連] 
 
2013
11月 19
(火)
00:52
「音楽の聞こえる至福の空間」
本文
ウィーン岐阜管弦楽団の指揮者であり音楽総監督の平光 保先生とご一緒し、多治見市の「アートスペース・ホリエ」設立15周年記念コンサートに行ってきました。
今回のコンサート・タイトルは、
『大迫 綾香 ヴァイオリン リサイタル』
大迫 綾香(Vn)、山本 千愛(Pf)

............... 演奏曲 .................
・クライスラー:美しきロスマリン
・クライスラー:愛の悲しみ
・クライスラー:愛の喜び
・バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ
     第3番より
     プレリュード、ルーレ、ガボット
・パガニーニ:24の奇想曲作品1より、
       第9番、24番
・プッチーニ:トューランドドットより
       “誰も寝てはならぬ”
・サラサーテ:ツィゴルネルワイゼン
・ラフマニノフ:ヴァカリーズ
・ブラームス:ハンガリー舞曲 第1番、第5番
・ショパン:夜想曲 第20番、第2番
・ヴェチュイ:夢
・ヴェチュイ:情熱
・フバイ:カルメンファンタジー ブリランテ

若いヴァイオリニストと、若いピアニストによるコンサートによるもので、二人の奏者は、何れもハンガリーの“リスト音楽院”に留学し、帰国間もない将来を期待される実力派の二人。
1時間半が、あっという間に過ぎてしまうほど堪能させて頂きました。
若い息吹を感じさせる二人の奏者による今回のコンサートは、次の20年、30年へのステップとして似つかわしいコンサートとして、意義深いもの・・・・

“至福の空間”をともにさせて頂いたことに感謝!
閲覧(17558)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。