久し振りに聴く“吹奏楽演奏会” - hunterさんの日記

TOP  >  一期一会  >  hunter  >  音楽関連  >  久し振りに聴く“吹奏楽演奏会”

hunter さんの日記

カテゴリー [音楽関連] 
 
2014
1月 19
(日)
21:23
久し振りに聴く“吹奏楽演奏会”
本文
今回の”演奏会”は、岐阜総合学園高等学校吹奏楽部の定期演奏会。
会場は「サラマンカホール」!
オルガンビルダー辻宏先生の作で、サラマンカ大聖堂のパイプオルガンの複製を有するとても素敵なホール。昨年10月、れんげ草くらぶ主催の第24回市民招待公演で、「ウィーン岐阜管弦楽団のコンサート」に来て以来だが、いつ来ても素晴らしいホールと感嘆!
高校吹奏楽部の定期は、県立岐阜商業高校の定期演奏会以来、2年振りであったが、この時期の定期は、何れの学校でも3年生にとっては、それぞれの思いを乗せた最期のステージ。
コンサートは、3部構成で組み立てられて居り、クラシックよりチャイコフスキーの序曲「1812年」から始まり、スクリーンミュージック、アニメソングと様々なジャンルの曲で組み立てられ、とても楽しい構成となっていた。
プログラムの合間に演奏されたサックスのソロ演奏、アンサンブルコンテストに出演のパーカッションアンサンブル、何れも群を抜いたテクニックと表現力!とても素敵でした(^ ^)
時折、白い歯を見せて笑顔で演奏する姿に、高校生らしい清清しさと“音楽が好き!”が伝わり、とても好感が持てた。
若さ溢れる生き生きとした演奏に“山の神”も大喜び!
とても楽しいコンサートでした。
ありがとう御座いました。
閲覧(16389)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。