『シューベルトホールで発表会』 - hunterさんの日記

TOP  >  一期一会  >  hunter  >  音楽関連  >  『シューベルトホールで発表会』

hunter さんの日記

 
2014
5月 26
(月)
11:07
『シューベルトホールで発表会』
本文
昨日、伴 真由子(ソプラノ)門下の発表会を、大垣市のシューベルトホールで聴いてきました。
世界三大ピアノとして名高い“ベーゼンドルファー”据え置きの、とても良い響きのするクラシックホール!
プログラムは二部構成で、シューベルト、モーツァルト、プッチーニ、レハールなどの名曲、そして小林秀雄など日本の歌曲・・・と、日頃の成果、大好きな歌を、素敵なピアノの伴奏にあわせて、気持ちよく歌われていました。
冒頭に、指導の伴先生から、お一人お一人の演奏曲の説明に併せて、日頃の様子などお話され、場の雰囲気が和み、とても良いことと思いました。
また、最後に、先生自らがシュトラウス3曲を歌われたこと、これはとても素晴らしいことと思いました。拍手喝采!
舞台を共有しようとの思い、そして最後は出演者と来場者全員で、滝廉太郎の「花」と、震災復興祈念「花は咲く」の大合唱!
歌われている笑顔、嬉しそうな笑顔!とっても素敵でした!!!。
閲覧(23135)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。