久し振りに「ボンムゥ」でマスターと珈琲 - hunterさんの日記

TOP  >  一期一会  >  hunter  >  音楽関連  >  久し振りに「ボンムゥ」でマスターと珈琲

hunter さんの日記

カテゴリー [音楽関連] 
 
2012
8月 30
(木)
01:13
久し振りに「ボンムゥ」でマスターと珈琲
本文
久し振りに熱さを逃れて「ボンムゥ」で珈琲を・・・。
「ボンムゥ」に付いては、“ViolyreChristmas”(DVD)でも紹介している様に、国宝犬山城を望む木曽川河畔のピザとパスタが美味しいイタリアンレストラン。店内も落ち着いた雰囲気でとてもお洒落なお店である。ここ数年来、多くのミュージシャンがその風光明媚な景観のこの場所を提供頂いて音楽活動をおこなっている。
お店の一部が格好のステージに早変わりするのが嬉しいのかも・・・。
そう言う私も、友人の作曲家星重昭氏が“トリオCGC”として、星氏自身がチェロ、MasaMusic主宰の藤原正明氏のクラリネット、そして、今では国際的に名高いギタリストである若き日の日渡奈那さんによるギターでのトリオ編成で、九州演奏旅行の帰路、拙宅に立ち寄られた時に、急遽コンサートをさせて頂いた事が、昨日のことのように懐かしい。他にもいろいろご無理をお願いしコンサートの会場として提供頂いている。

今回、マスターから伺ったのだが、数年前から「お昼のコンサート」として毎月第4火曜にミニコンサートを行っている“ヴィオリラアンサンブル音夢”の二人が、三重県を中心として活躍中のピアニスト中谷直美さんと、初めてのディナーコンサートを行うと伺った。“ヴィオリラ”はヤマハが新しいコンセプトの楽器として開発したものだが、その演奏には非常に高い技術と表現力を必要とするが、この楽器特性から来る魅力は何とも言い難いものがある。
数年前より、いち早くこの楽器を携えて「ボンムゥ」のステージにたった“ヴィオリラアンサンブル音夢”の二人が、今回『ボンムゥ秋の音楽会』として、コンサートを行うのである。
長年に亘ってステージを提供頂いたボンムゥに感謝!
今回、演奏会チラシを頂いたので、ご紹介させて頂く。

閲覧(34153)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。